避妊手術を行っていない、もしくはある程度年齢がたってから避妊手術を行ったメス犬には、比較的高い確率で乳腺にしこりができます。

乳腺腫瘍と呼ばれるこのしこりは、悪性と良性の確率は50%と言われています。

また、悪性の場合、直径3㎝を超えた乳腺腫瘍は転移をする可能性が高くなると言われており、可能であれば早期に手術をして腫瘍を摘出するのが望ましいとされています。

もちろん往診では、通常の動物病院のような手術設備はありませんが、飼い主様からご相談をお伺いする機会はとても多いと思います。

今回は往診ご対応できるケースをご説明したいと思います。

腫瘍がまだかなり小さいので、局所麻酔で摘出をする

乳腺腫瘍が乳腺や皮膚の下にある筋層と固着をしていないものであれば、ある程度の大きさまでは対応が可能です。

摘出した腫瘍を病理検査に送って診断し、その後の治療も行うことも可能です。

shujutukigu

麻酔の与える影響も、全身麻酔よりは低いため高齢な犬でも摘出が可能であることが最大のメリットです。

その反面、あまりにも大きなしこりだったり、抑えられるのが苦手で過剰に興奮しやすい犬や猫はおすすめではありません。

また同じようなしこりでも、赤くなって扁平上に広がっているしこりも、摘出すると転移をすることも多いので摘出はしないほうがいいと思います。

局所麻酔で対応できる腫瘍摘出手術。実際はどれくらいできるの?

手術を行う希望がないので、定期的な検診として

犬が高齢すぎる、一般状態が芳しくない、そもそも手術するつもりがないなど、手術をしない理由は様々です。

ですが、なにもせず放っておくのは基本的には良くないと思いますので、定期的な健康診断をかねた検診をお勧めします。

往診では直接ご自宅にお伺いするので、環境管理なども含めたご相談が可能だと思います。

動物病院でも腫瘍が摘出不可能な場合

先ほども書きましたが、赤い扁平上のしこりは乳腺腫瘍のなかでも炎症性乳がんといって、摘出が不可能な乳腺腫瘍です。

外科の適応ではないため、だんだんと大きくなって腫瘍自体が自壊してしまっているケースがほとんどです。

自壊してしまった腫瘍は、分泌物を多量に出し、犬の体自身やその周囲の部屋を汚してしまうだけでなく、強い悪臭を伴うことも多いため、こういった腫瘍を患った動物を飼い主様だけで介護するのはとても大変だと思います。

また、こういった動物を動物病院にまで運ぶこと自体が大きな負担になります。

ぼくの経験では、こういった臭いや感染をかなり抑えてくれる軟膏があるので、そういったものを体の洗浄とともに塗布し、包帯などで巻いてあげるとかなり管理はしやすくなりますが、飼い主様一人でこれを行うのは大変です。

往診では直接ご自宅にお伺いして、こういった飼い主様だけでは難しいケアも行うことができます。

代替療法を行う

代替療法とは手術などの治療以外で、腫瘍に対しアプローチをすることです。

漢方薬やアロマテラピーなどの方法は一般的ですが、その他抗腫瘍ワクチンというのもあります。

daikaryouhou

ある種の腫瘍では良く使用するのですが、そういった治療を定期的に行うことで、腫瘍の進行を遅らせたりすることが可能です。

少し聞きなれない治療法かもしれませんが、定期的な検診に加えて、こういった治療を取り入れることで良好な結果を得ることも多くあるのでお気兼ねなくご相談して頂ければと思います。

まとめ

往診という診察スタイルは、通常の動物病院と違い、手術という選択肢をとることはできませんが、ケアという点では通常の動物病院と変わりはありません。

また、ご自宅に伺い、その環境を確認することで、より多くのアドバイスを差し上げることができると思います。

特にこれから来るペットの高齢社会では、必ずしも手術をしないといけない、もしくはできない高齢犬も増えてくるため、このような診察の方法も主流になってくるのではと言われています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう