人間でも多くの人が悩んでいるアレルギー。

飼い主の皆様はご存知の通り、犬でもアレルギー性の病気はいっぱいあります。

皮膚が赤くなったり、ただれたり、下痢嘔吐があったりと、症状も人間と同様の症状が出てきます。

アレルギーの原因物質のことをアレルゲンといいいます。

アレルゲンの中でも、埃や花粉などの環境性のアレルゲンは回避することは困難ですが、食事性のアレルゲンは、食材に入れなければよいので、避けることは意外と簡単です。

ただ、販売されているドッグフードには何が入っているかわからないと不安になっている飼い主様の中には、自宅で手作りのフードを食べさせたいと思っている方もいらっしゃいます。

今回はアレルギー食を自宅で作るときのアドバイスを、今回は行いたいと思います。

ドッグフードの問題点

pettohu-do

ドッグフードの問題点を1つあげるのであれば、添加物の問題は非常に大きいと思います。

獣医師専用の療法食のようなものでも、一定の添加物は含有しています。

無論それが生体に直接影響を及ぼすことはあまりないとは思いますが、正直な話、影響は不明であると言ったほうが正確かもしれません。

人間の食品でも同じかもしれませんが・・・。

ただ、ドッグフードの最大の問題点は、過酸化脂質にあると思います。

過酸化脂質とは、ドッグフードに含まれている脂肪分が、開封してから日がたつと、酸化させれ生成されます。

過酸化脂質の影響は、人間よりもペットの方が影響を受けやすいと言われており、厚い皮下脂肪組織に過酸化脂質が溜まることで、色々な皮膚病を悪化させる要因になるからです。

アレルギーだからと言って、アレルギー食を食べさせていても、症状の緩和が全く見られない時などの一つの要因になっている可能性は高いと思います。

鶏肉を抜いてみる

アレルゲンになりやすいと言われている鶏肉を除去するのが常套手段です。

toriniku

アレルゲンになりやすい成分は、主としてたんぱく質ですが、比較的鶏肉はどんな犬でもアレルゲンになりやすい食材だと思います。

ササミなどは高タンパク低脂肪で、栄養としては非常に優れているのですが、アレルギーが出やすい食材なので、豚肉などの赤身に切り替えるのがよいと思います。

炭水化物を抜いてみる

タンパク質の他にもアレルゲンの代表格は小麦、米などに代表される炭水化物です。

最近、これらの食材に含まれているグルテンが体に有害であるという報告があり、グルテンフリーという食材が非常に出回るようになりました。

やや過剰な気もしますが、アレルギー用の食材を考えるのであれば、炭水化物、特に小麦由来の炭水化物は控えた方がいいと思います。

komugi

特に大型犬などで、すぐに色の薄い軟便が出るようなタイプは炭水化物の含有量を積極的に控えた方がいいと思います。

もっと本格的に行うならば・・・。

基本的にはアレルギー検査を行うべきなのですが、食事のアレルギーに関してはあまりアレルギー検査の意義は高くないと言われています。

食事性のアレルゲンの特定にはリンパ球刺激試験という検査が感度がよいとされ、最近、国内でも検査を行えるようになりました。

rinpakyuu

血液検査になりますので、往診でも可能です。

一度獣医師と相談してみてはどうでしょうか?

まとめ

人間の子供もそうですが、アレルギー体質の犬の食事には非常に悩まされることが多いと思います。

個人的な意見としては、コストはかかりますが、まず検査ありきで行った方が、あとあと楽なのでは?と思っています。

検査は簡易的に行えるので、一度試してみる価値はありますので、是非お勧めです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう