こんにちは、セカンドセレクト獣医師の斉藤です。

人間の病気の中でも季節性のあるものはたくさんあります。

特に冬の時期で気を付けないといけないのは、インフルエンザとノロウイルス。

こういったウイルス性の疾患は乾燥した冬でよくみられるようになります。

同じように動物の世界でも季節性のある病気はいっぱいあります。

今回ご説明したい病気は猫ウイルス性鼻気管炎、FVRとかネコ風邪と呼ばれる病気で、冬に症状が強く出る傾向があります。

特に猫を多頭飼育しているご家庭では気を付けた方がいい病気の一つですので、ご参考にしていただければと思います。

猫ウイルス性鼻気管炎とはいったいどんな病気?

猫ウイルス性鼻気管炎は猫ヘルペスウイルスによる感染によって起こるものです。

人間や犬にもヘルペスウイルスは存在しますが、人間には人間の、犬には犬のヘルペスウイルスに分かれており、種を超えて感染することはありません。

猫のヘルペスウイルスは顔面周囲の粘膜組織である結膜、鼻腔の粘膜、口腔内の粘膜で増殖します。

したがって症状は目やにや涙、鼻水やくしゃみ、口内炎などが起こります。

症状には程度があり、軽症であればくしゃみや結膜炎程度で終わります。

またよくあるのが、声が出ないとかガラガラ声になるなどをうったえる飼い主様も多くいらっしゃいます。

一方で重度の感染を起こすと細菌の二次感染を引き起こし、膿性の目やにや鼻水などが見られるようになります。

特に仔猫の場合は、ヘルペスウイルスの感染により衰弱し、死に至ることもあります。

成猫の場合は軽症で済むことが多いのですが、高齢や免疫力が低下している猫では発熱が見られることがあります。

発熱は数日続きますが、その間は食欲がほとんどない状態が続くため、飼い主様の介護が必要となるケースもあります。

またヘルペスウイルスの特徴として持続感染が見られ、再発を繰り返すこともあります。

ヘルペスは一度感染が成立すると、活動期と休止期のサイクルに分かれ、活動期では顔面周囲の粘膜から飛沫感染により、他の猫にどんどん伝搬していくのですが、休止期には猫の神経の中に潜み、その存在が全く見られなくなります。

神経細胞は猫の免疫システムから唯一完全に切り離されている細胞なので、神経の中に潜んでいるヘルペスウイルスを排菌させる手立てはありません。

したがって仔猫の時に感染したヘルペスウイルスが数年後に再燃したり、慢性の鼻炎や結膜炎を引き起こすこともよくあります。

治療法は?

猫ウイルス性鼻気管炎はその症状によって薬剤、治療期間など大幅に変わってきます。

症状がくしゃみや水様性の鼻水などだけであれば、点眼薬や点鼻薬程度で十分改善します。

鼻水が膿性のドロッとした鼻水の場合は、内服薬などで抗生剤を使用したほうが治癒は早くなります。

問題は食欲不振が見られた時です。

特に高齢の猫では多いのですが、この病気で食欲が落ちるときはたいてい発熱が見られた場合か、慢性的な鼻炎を起こし、鼻道がほぼ狭窄してしまい、臭いがかげず食事に興味がわかなくなるかどちらかです。

この場合、内服での管理でもいいのですが、高齢猫では食欲不振による体重減少、脱水が顕著に表れるので、セカンドセレクトでは皮下補液などを併用しながら投薬を続けていきます。

以前、別の記事でも書いたのですが、個人的な使用感では抗ウイルス薬と言われるインターフェロンはコストの割にはあまり効果が出にくいため、あまり使用機会はありません。

むしろ抗炎症作用があるステロイド剤を使用することの方が多いと思います。

ステロイド剤は免疫力を下げる作用もあるため、感染症の場合は感染を増悪させる可能性もあるのですが、経験上あまりそういったことはなく、むしろ解熱などにはかなり有効だと思います。

ただし、食欲不振が見られるネコが食欲が回復してくるまでは割と時間がかかることが多く、数日から1週間ほどかかる場合もよくあります。

仔猫が猫ウイルス性鼻気管炎に感染し衰弱した場合は集中治療が必要です。

予後はとても悪いケースもあるのですが、できる限り入院にての管理をお勧めしいてます。

ワクチンの効能は?

猫の3種混合ワクチンでヘルペスウイルスは防ぐことはできますが、残念ながらワクチンの効能は万全ではありません。

この病気はいつ発症するかはわからないこともあり、特に多頭飼育の場合は1頭が発症した場合はもれなく水平感染を起こします。

ですので、外に行かない猫だったとしても、多頭飼育の場合はワクチン接種を行った方がいいでしょう。

まとめ

とにかく猫ウイルス性鼻気管炎は厄介な感染症の一つです。

人でも風邪は引き始めが肝心と言います。

もしご自宅でネコがくしゃみをし始めたら・・・お気兼ねなくセカンドセレクトへご連絡ください。

猫がくしゃみ、鼻水。ちょっと熱っぽい・・・セカンドセレクトの往診でネコ風邪を治療する!