ぼくは獣医学の進歩とは人の医学の進歩に比例して進むと思います。

ペットも人と同じような病気をするようになったという人や、獣医学も最先端の治療を取り入れられるようになったなどいう人もいますが、正確には人の医学を真似することができるようになったということだと思います。

人間で起こる病気やその治療法をモデルとして、獣医学に応用するのが獣医医療の基本です。

ですので、結果として人と同じような病名、検査、薬が増えてきたのは事実です。

ただ、治療する相手は人間でなく動物であるということは真似することはできません。

人と同じ病名、同じ薬を使用するとしても、治療法が大きく異なる病気はたくさんあります。

糖尿病はその代表格だと僕は思います。

今回は獣医学での糖尿病の管理方法をご説明したいと思います。

皆さまが思う糖尿病とは?

ぼくは診察中に飼い主様にご説明をしないといけない病気の中で、糖尿病が一番説明をすることが難しい病気だと思っています。

糖尿病はほぼすべての飼い主様がご存知の病気なのですが、実際に正しく糖尿病の病態を理解されている飼い主様はかなり少ないのが、その理由です。

糖尿病というのを細かい理論抜きで大筋で説明をするのであれば、血糖値を下げるインスリンというホルモンが少なくなるもしくはインスリンが細胞に作用することができなくなることによって、高血糖の状態が続くことから始まります。

糖尿病とはもちろん高血糖により、尿に糖が混じるような病態を言うのですが、尿に糖が混じることで体に不具合を起こすことはありません。

urine

血糖値が高い状態が続くと体に色々な病気を引き起こすことは周知の事実で、心筋梗塞、動脈硬化、白内障そのほか色々な病気の原因となりうります。

しかし、これらは糖尿病の併発疾患であり、これが糖尿病の一番の問題点ではありません。

ただ、ほとんどの飼い主様の糖尿病のイメージはこういった理解であるので、説明がとても難しいと思っています。

糖尿病のリスクとは?

ぼくが飼い主様にご説明するときに言うのが、「糖尿病は血糖値が上がる病気ではありません」ということです。

では糖尿病って何?ということであれば、「糖尿病は体の代謝がめちゃめちゃになる病気です」といつもお答えします。

糖尿病によって血糖値が高くなるのは結果論であって、実際には体のいたるところのバランスが崩れることによって引き起こされる病気が糖尿病なのです。

代謝バランスの悪化が進むこことで、重度の脱水による細胞障害、そして、代謝機構の破たんによって出てくるケトンとよばれる非常に毒性の高い物質の蓄積がおこるのが糖尿病の本来の病態です。

pamcrea

特にケトンは、放置しておくと死のリスクに直結します。

実は、血糖値は高くてもあまり体に影響は出にくく、生き物にとって高血糖は決して最悪の状態ではないところが、すこし混乱するところだと思います。

まとめ

限られている文字数の中で糖尿病を説明するのはとても難しいのですが、ざっくりいうと高血糖ではなくケトンが問題。

これが糖尿病の本来の意味です。

次回はこのケトンをいかにコントロールしていくのかをご説明したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう