この度セカンドセレクトは内視鏡を導入いたしました。

胃内の異物の摘出も内視鏡で行うことが可能になりました。

実際のところ、内視鏡で摘出できる異物はそれほど多くはないのですが、開腹して摘出するのと違い、動物に与えるダメージは非常に軽くて済むのが大きな利点です。

また、よくガムを飲み込んで食道に詰まらしてしまうような犬が多いのですが、こういった食道内異物にも緊急対応が可能になりました。

【食道内異物】おやつやガムをのどに詰まらす・・意外と多い小型犬の事故。

その他、胃や小腸、大腸などの細胞検査も可能ですので、慢性的な下痢や嘔吐に悩みがある飼い主様がいらっしゃいましたら、いつでもお気兼ねなくご相談ください。

とは言いっても、今ではちょっとした動物病院ならどこにでもある設備なので、珍しい・・というわけではないのですが・・・。

余談になりますが、セカンドセレクトには耳道内の内視鏡と呼ばれるオトスコープを装備しています。

耳道内の鼓膜付近の垢の除去やポリープなどの生検も可能です。

オトスコープを装備している動物病院はあまりないので、耳ダレがひどいなどでお困りな方はお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう