こんにちは、セカンドセレクト獣医師の斉藤です。

セカンドセレクトでは春のフィラリアのシーズンに合わせて、1年に1回の健康診断をお勧めしています。

正直、予想以上の飼い主様にご参加いただき大変恐縮しています。

今日までにフィラリアの検査パックキャンペーンをご利用していただいた愛犬たちが、ちょうど400頭になりました。

もちろんそのほとんどがほぼ問題のない結果だったのですが、見た目が元気でも実際には値が少し悪かった・・という仔達も中にはいました。

セカンドセレクトでは高齢のペットが多く受診されているので、甲状腺ホルモンの低下が見られた高齢犬が意外と多くみられました。

おそらく検査を行った高齢犬の3割~4割程度の犬に値の低下が見られていました。

大抵は治療する必要がない程度のものだったのですが、早めに異常を知っておくことの意義は非常に大きいものだと改めて思いました。

甲状腺機能低下症はなかなか気づきにくいこともあるからです。

【甲状腺機能低下症】犬の代表的な内分泌疾患。知っておきたい3つのこと。

また腎不全などの年齢とともに衰えていく臓器も、見た目が問題なくても値が上昇していたなんて結果も出た高齢な仔達も1割弱程度いました。

腎臓の機能低下は早い段階からケアをし始めておくと、その進行はかなり遅延することができることが多い病気です。

そういった意味でも今回のキャンペーンはかなり貢献できたのではと思っています。

まだまだキャンペーンは継続して行っていますので、まだフィラリアの薬をご用意していない飼い主様がいらっしゃいましたら、ぜひご利用していただけると幸いです。

【フィラリアスタンダードコース】

フィラリアの検査に合わせて、30代、40代の人がドックで行うような血液検査の内容を実施します。

5500円と消費税。

結構安いです・・・。

【フィラリアシニアコース】

スタンダードの内容に甲状腺ホルモンの値、糖尿病の指数、リウマチや腫瘍マーカーとして使用する項目がついて驚きの7500円です。

かなりのコスパの良さだと思います。

フィラリアの薬も各種ご用意していますので、併せてご利用してください!!