こんにちは、セカンドセレクト獣医師の斉藤です。

若い犬はとにかくよく動きます。

あんな華奢な体で、これほどまでに激しい動きをしても大丈夫なのかと心配される飼い主様も多くいらっしゃると思います。

犬種にもよりますが、人間の子供と一緒で、関節自体も軟らかいため、仔犬はあまり大きなけがは滅多に見かけません。

ただたまに動きが激しすぎて、びっこなどを引くこともあります。

大抵の場合は1日程度で落ち着くのですが、中にはびっこが全く治らないケースもあります。

そんな仔犬の突然のびっこの理由の中で、後肢のびっこの場合によく見かける原因は脛骨粗面剥離骨折と言われるものです。

今回はそんな若い犬に特に多い骨折についてご説明したいと思います。

脛骨粗面って?

脛骨粗面はすねの骨のひざの関節の近いところにある部分の名称です。

脛骨粗面には膝関節を形成する強力な靭帯が付着している部分です。

写真では見にくいのですが、成犬の場合はレントゲン上でざらついた感じの表面になっているところを指します。

成長期の犬の場合、脛骨粗面は骨の成長線と重なり、軟骨性の骨でできているため、正常な犬のレントゲンでも脛骨粗面は浮いているように見えます。

剥離骨折するとどうなる?

脛骨粗面剥離骨折は実際どのようにして起こるのかはわかってはいません。

脛骨粗面は靭帯の付着部分となります。

人間の場合は、強度の強い運動などで起こる膝の屈伸時に、強力な靭帯に上へ引っ張られてしまい、もともと弱い軟骨のような状態の骨が浮いてしまうことで剥離骨折が起こります。

犬の場合は外傷性の場合もあると言われています。

脛骨粗面剥離骨折を患った犬は、地面に足をつくことを嫌がるようになり、触診上では膝を屈伸させると疼痛が見られるようになります。

診断は基本的にレントゲンにて判断をするのですが、意外と困難な時もあります。

もともと若い犬脛骨粗面はレントゲン上で浮いているように見えるため、生理的にそう見えるのか剥離骨折をしているのか、判断に迷うこともあります。

下のレントゲンでは左右差がほとんどなかったのにもかかわらず、結果的に手術になりました。

このような場合には数日後に再度レントゲンを撮影し、剥離の状態を確認するか、CT検査を行ったりすることもあります。

治療法は?

剥離骨折の程度があまり重度でなければ、安静にしながら経過を見る程度で治癒することもあります。

個人的な意見としては、剥離骨折を起こすような若い犬は、たいていの場合非常に活動的であるため、安静を取らせることが非常に困難であることが多いと思います。

ケージに入れてもジャンプをしようとしたりするため、場合によってはギブスを装着し固定する必要もあります。

下のレントゲン写真の犬は、レントゲン上の剥離の程度は大きかったのですが、結局手術はせず治癒をしました。

一方で疼痛が治らない、レントゲン上で剥離している部分がどんどん拡大していくような時には手術になります。

セカンドセレクトでは整形外科に関しては他の動物病院をご紹介させていただいております。

手術は剥離している骨片をワイヤーなどで固定します。

執刀しない獣医師が言うのも変だとは思いますが、手術自体の難易度はそれほど高いものではなく、予後は非常にいいと思います。

料金は都内であればおおよそ15万円から20万円程度が相場だと思います。

まとめ

脛骨粗面剥離骨折はたいていの場合、家に来てすぐ起きることが多いと思います。

家に来て早々に手術か・・・と落胆される飼い主様も多いとは思いますが、できる限り当該の犬だけではなく、飼い主様のご負担を軽減できるような治療を進めていまいりますので、いつでもお気兼ねなくご来院ください。