ジメジメとした時期になると、どうしても自分の汗は気になるものです。

人間は他の動物に比べると汗腺が発達しており、体温調節に大きく貢献している一方で、汗のにおいや服のシミなどの原因にもなります。

一方で犬や猫はというと、一般的には汗をかくことができないと知られており、緊張の際に出てくる肉球の汗しかかくことはできないと思われています。

ただ実際には犬や猫にも全身に汗腺は存在しており、皮膚の恒常性を保つための様々な機能を有しています。

今回ご説明したいのは犬の汗腺で起こる病気、多汗症についてです。

犬の汗腺とは?

多くの飼い主様がご存じかもしれませんが、汗腺は2種類が存在しています。

人間の場合はいわゆる汗と言われるものを分泌するエクリン腺と、緊張すると腋の下などから分泌される緊張汗を作るアポクリン腺に分けられます。

エクリン腺は単独で皮膚に存在しているため、分泌される液体には汗以外の成分は含まれないので、臭いはほとんどありません。

一方アポクリン腺は毛穴に存在しているため、毛穴の中の皮脂腺から出てくる脂と混ざって分泌されますが、もともとは臭いはそれほど強くありません。

よく言われる汗の体臭というのは、汗と一緒になって皮脂腺から出てくる脂に細菌が繁殖して発生するものです。

感染を起こした皮脂腺がアポクリン腺から出てくる汗と混ざり、むぁっとした独特の汗の臭いになります。

犬はもともとアポクリン腺がほとんどであるため、健康体でも犬個体の臭いが感じられます。

特に何かしらの皮膚病が原因となって細菌が繁殖した場合は、独特な臭いが発生します。

犬の多汗症とは?

犬の多汗症はアポクリン腺から分泌される汗の量が増えることで起こる疾患です。

多汗症を調べるための検査などは特になく、これが多汗症です!と言えるような特徴的な症状もありません。

ヨークシャテリアやシュナウザーに多いと言われています。

ただ経験則から、多汗症を起こしている犬はべたつきのない湿った皮膚をしており、過剰にアポクリン腺から水分が消失しているので、皮膚をつまむとコシがなく、薄くビヨーンと伸びる感じです。

被毛は全体的に薄く、やはり湿っぽい感じなるのですが、べたつきはあまり感じられません。

多汗症の治療は?

多汗症に対するこれといった治療法はなく、スキンケアをしていくことが必要となります。

セカンドセレクトではこういった皮膚病を持っている犬には、ペプチドコラーゲンや亜鉛やビオチン、また抗酸化作用のあるコエンザイムやω3を含んだサプリメントをお勧めしています。

また多汗症の犬にはシャンプーも重要です。

シャンプーは脱脂作用の少ない低刺激性のシャンプーを使用し、かつできるだけ低温のシャワーで洗い流すことをお勧めしています。

シャンプー後はセラミドのような保湿成分を使用することもいいと思います。

多汗症の多くの犬で、アレルギー性の皮膚炎を併発しており、内股や腋の下は背中側の皮膚と違い、黒ずんだ色素沈着をおこしていることがあります。

逆に皮膚が肥厚しているようなところも見られます。

もともと多汗症の犬は皮膚の保水能力が低く、皮膚の免疫バリアが破綻しやすくなっています。

そのため時期によってはアレルギー性皮膚炎由来の細菌感染をおこしたり、慢性的な掻痒感を訴えたりするので、抗生剤やかゆみをコントロールするような治療を並行して行うことが多いと思います。

こういったことを日々継続していても、完全に治癒することは難しく、結果として長期的な治療になることがほとんどです。

まとめ

多くの皮膚病はその原因が分かったとしても完治することのない慢性的な疾患です。

セカンドセレクトでは皮膚病の専門医と連携を取りながら治療を進めています。

もし何か皮膚のトラブルでお困りのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう