猫好きの飼い主様から見ると、当たり前なのかもしれませんが、猫の顔というのはとても愛らしい表情をしています。

その顔にできた湿疹がちょっとしたものだったとしても、結構目立ったものになることもしばしばです。

実は猫は顔に湿疹が発生するケースは多く、多くの場合強いかゆみを伴います。

特に人で言う眉毛のあたりと、耳の外側は痒がりやすく、自分の爪で引掻いてしまい、余計にひどくさせてしまうこともあります。

このような皮膚炎に猫がなってしまった場合、どのように対応するべきか、往診医の観点からご説明させていただきます。

皮膚炎になる原因

こういった猫の皮膚炎の原因は、ほとんどの場合、アレルギー性の皮膚炎、真菌症、ダニ、蚊のアレルギーのいずれかになります。

ダニや蚊のアレルギーは、皮膚の検査や飼い主様からの稟告で容易に推測ができます。

mosquito-1

アレルギー性皮膚炎、真菌症はその違いがあまりはっきりとせず、原因追及もしばしば難しいものとなります。

経験則から言って、猫のアレルギー症状が出ている場合、腹部の毛も薄くなり、時に赤みが出ていることも多くあるので、そのあたりを目安にいつも診察しています。

治療法

原因がダニであれば駆虫をすれば治癒しますし、蚊であれば最初こそ治療が必要ですが、寒くなれば当然蚊もいなくなるので、治療も必要ではなくなるケースがほとんどです。

問題は、アレルギー性皮膚炎や真菌症の場合、猫自身の体質が問題となりますので、体質が変わらない限りは病状は一向に治まりません。

治療法はステロイドや場合によって抗生剤や抗真菌剤を使用していくのですが、これらの薬は決して体質を変えてくれる薬ではなく、症状を緩和させる薬なので、継続的な(時には永続的な)投薬が必要となります。

kusuri

また、猫の性格によっては、かゆみに対して敏感な猫もいますので、最初の導入段階は薬の反応が薄く、エリザベスカラーなどを使用して、強制的に掻くのをやめさせる必要もあります。

予防法

ダニや蚊などの予防は外に行かないことが一番です。

特に夏は紫外線も強く、白毛の多い猫は光線過敏症と言って紫外線によって皮膚炎がさらに悪くなることもありますので、自宅の中でゆっくりさせておくべきだと思います。

また猫の場合は食事による刺激も皮膚炎を出しやすいと言われていますので、そういった専用の処方食を日常的に使用するのも予防法の一つだと思います。

また猫の場合、ストレスが皮膚炎を増悪させる大きな因子となるので、できるだけストレスがないような環境に努めていただくのが重要です。

sutoresu

まとめ

猫の皮膚炎はたいていの場合、慢性的な疾患であり、長期的な通院を余儀なくされます。

しかし、病院に連れいていったところで、猫の場合はそれほど特殊な検査もなく、視診のみで薬が処方されることもしばしばです。

こういった慢性的な疾患は、やはり猫の場合は往診の方が適していると思います。

猫が通院にストレスを感じていそうなのであれば・・・往診も一つの方法として検討していただくのがいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう